回転型のゴミ箱は

簡単な行為、つまり押しながら回転させて捨てる行為で、
ゴミを捨てることができる仕組みになっています。
もし自分の前でゴミを捨てる人がいるなら、
ゴミ箱について「発見可能性」が高くなります。





でもゴミ箱だけだと、どこに入り口があり、
どのように使えばいいのか分かりにくいです。

シグニフィアを知覚するのがやりにくいゴミ箱の
デザインの問題点は何がありましょう。

平らなふた型

可視的な行為支援性(アポデンス)がありません。そのため、どこが入り口なのか、どのように使えばいいのか
分かりません。

丸ふた型

平らなふた型よりは発見の
可能性があります。が、
中にゴミがどれだけたまっているのかわからないのが
問題点です。

角ばったふた型

フタの固定が難しいので利便性が低いです。また、フタが回転する制約でゴミ箱の上部分までゴミが詰まらずに
飛び出します。

なぜか
考えてみると

第一に、物理的構造。
平らなのに手すりやサインが
ないので、行為を誘導すること
は少ないです。

第二も物理的構造。
回転型のフタは、内部がある
程度詰まっているとゴミを入れることができず、フタがうまく動きません。

第三に、不透明な材質で作られ、内部を見る隙間もなく、
重さによって変わる信号が
特にありません。



どうすればいいのか。

押して回転する行動誘導性を変えない前提の下で、現在のように丸い形のフタが
360度回転するのではなく、円形が半分に分かれて内側に90度ずらして戻ってくる仕組みを考えてみました。また、社会的記票概念を利用してみることが
あります。あるならある程度いっぱいだなと思うようなものです。



感じたのは

人間の眼目が発展するために最も重要なのは「観察」であり、
観察を通じて認知する人間の多様な器材について知ることになります。
最善の方法は反復で、プロセスの反復を通して成功した時とそうではない時の
小さな違いを理解することができます。
したがって、自分が何を達成することを望んでいるのか、活動の
最終根本的な原因に至るまで、絶えず「なぜ?」という質問を
しなければならないと思いました。